雨樋工事

■雨樋のダメージは、お住まいのダメージ。メンテナンスを忘れずに
雨樋は、屋根の軒先や外壁づたいに設置されている、雨水をスムーズに排水させる部材のことです。
実は、お住まいを守るために欠かせない役割を担っているのですが、その存在は忘れられがち。
寿命は約20年と言われていますが、台風などで変形・破損したり、落ち葉が詰まって水があふれたり、不具合を引き起こしやすい箇所でもあります。

「なんだか壊れているみたいだけど、修理は今度でいいか」…なんて考えている方は要注意!
雨樋の不具合から雨漏りにつながることもありますので、定期的なチェックを欠かさないようにしましょう。


■雨樋のことならお任せ!雨樋Q&A♪
Q:雨樋ってどんな働きをしているの?
A:雨樋は、屋根にふりそそぐ雨水を集め、パイプづたいに地上や下水に排水させています。

その目的は、お住まいを雨水によるダメージから守ること。
もしも雨樋が無ければ、軒先からしたたった雨水は、軒裏にまわったり、外壁をつたったりして、お住まいを直接水にさらすことになってしまいます。
そうなれば劣化や汚れを早める原因となりますし、外壁にひび割れなどがあれば、たちまち雨水が家屋に浸入し、雨漏りや腐食を引き起こすことにもなり兼ねません。

このように、雨樋は隠れたところで、私達の大切な家を守ってくれているのです。


Q:雨樋工事のタイミングはいつ?
A:降水量の多い日本では、雨樋の働く機会が多く、消耗も激しくなっています。
以下のような症状が見られたら、すぐに修理を依頼するようにしましょう。

 雨樋が軒先から外れてしまっている
 雨樋が変形したり、たわんでいる
 欠けやひびなど、破損が見られる
 雨樋のつなぎ目が外れている
 落ち葉や砂などが詰まり、水が溢れてしまっている
 雨樋の設置から20年以上が経過している


Q:どんな工事が必要なの?
A:取付け金具が外れていたり、落ち葉が詰まっている場合などは簡単なメンテナンスで済みますが、大きく変形・破損している場合は、取替え工事が必要。
一部交換なのか、全面交換が必要なのか、状態を見極め、適切な判断をいたします。

また落ち葉で詰まりやすい場合は、落ち葉よけネットの設置なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

▲TOPへ