屋根工事

■ケイミューの屋根材「ルーガ」取扱い店です
当社では日本を代表する外装材メーカー、「ケイミュー」の商品を取り扱っています。
中でも、新素材の屋根瓦「ルーガ」については、「登録施工店」、「施工技能士」の資格を取得。
地震や台風に強い良質な素材を、良質な技術でお届けしています。

◎ケイミュー登録施工店とは?
ケイミュー株式会社では、登録施工店にのみ建材の施工を認可しています。
登録施工店になるには、所定の研修会を受講し、建材スクールの課程を修了するほか、工事保険・PL保険に加入するなど、多くの条件を満たすことが必要です。

◎ここが魅力!新素材の屋根瓦「ルーガ」
▼地震に強い
ルーガは、一般的な陶器瓦の1/2以下の重さ。
建物全体の重量が軽くなり、重心を低く抑えられるため、地震の揺れが小さくなります。

▼台風に強い
ルーガの瓦は、風の抵抗を逃す形状をしています。
さらに屋根材を1枚ずつ釘で固定する施工法を用いますので、瓦がしっかり固定され、ズレ・飛散を防止。
また水を逃しやすい水切り形状など、何重にも防水対策が施されています。

▼衝撃に強い
衝撃や荷重がかかった際に、それらのダメージを吸収し、割れ・欠けを抑える素材を使用しています。
また、割れた時も破片の飛び散りを最小限に抑えます。


■熟練の技と知識で、傷んだ屋根を甦らせます!
◎葺き替え工事
今ある屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。
瓦屋根の場合は、すべてを新しい瓦に新調する“葺き替え”と、ルーフィング(防水のために瓦の下に施工する、シート状の建材のこと)のみを交換する“葺き直し”があり、いずれも屋根の状態を見て判断します。
最近では、老朽化や雨漏りした場合だけでなく、耐震対策として、重い瓦屋根から軽いスレート屋根へ葺き替えるお宅も増加しています。

◎カバー工事
今ある屋根材を撤去せずに、上から新しい屋根材を重ねる工法です。
撤去費用がかからないため、工事が安く済み、さらに屋根が二重になることで、断熱効果や防音効果が高くなる、というメリットがあります。
ただし、下地部分にあたる“野地板”が腐っているなど、安全上カバー工法を行うことができない場合もありますので、注意が必要です。

◎屋根塗装
基本的に日本瓦を除くすべての屋根材には、塗装が必要とされています。
屋根塗装の最大の目的は、防水膜をつくり、屋根をコーティングすること。
この塗装の効果が切れてしまえば、たちまち屋根は雨水にさらされ、劣化してしまいますので、定期的な塗り替えを行いましょう。
屋根材や環境、使っている塗料によっても塗替え時期は異なりますので、10年を目安に、一度点検をご依頼されることをおすすめします。

◎雨漏り・補修工事
天井や壁にシミができていたり、室内で雨音が聞こえるようなことがあれば、雨漏りの可能性大!
すぐに点検をご依頼ください。
雨漏り箇所を突き止め、修繕で済むのか、葺き替えや葺き直しが必要なのか、プロの目で判断いたします。
また、瓦の割れやズレの修繕工事も承っておりますので、お気軽にご依頼ください。

一覧に戻る

▲TOPへ